スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無調整ブラストバーンにも耐えるフシギバナ

しかしその後が続かなかった。

料理本の話
「いい女が作るパパッとかっこいい料理」
「作ってあげたい彼ごはん」

この2つといわゆる「おふくろの味」との違いはなんだろうか。

女が作ること、男の為につくる、という点では同じ両者の決定的な違いとは、つまるところ現実を見ているかどうかではあるまいか。

女は料理にカッコよさを求める。

男が求める料理のカッコよさとは、見た目や味であるが、女が求めるそれは、カロリーとオシャレだろう。

要するに、太りたくないのだ。

おいしいものを食べたい。しかし太りたくない。

この相反する欲求の結果、女向けの料理というものは量が少なくしかも精進料理ほど洗練されていない「オシャレな料理」が出来上がる。

みえっぱりなうわべだけの料理は、「いい女」とか「愛情」だとか、料理以外の要素でごてごてと飾らなければ、途端にその貧相な全貌を明らかにするのではあるまいか。

一方、「おふくろの味」にしろ、「男の料理」にしろ、食って動かねば太るという現実から逃げない料理には充実感がある。両者を分けるのはここなのである。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

九内

Author:九内
別に細菌に関係は ない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。