スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国の民主主義は死んだ

もう中選挙区制に戻そう。
小選挙区300議席の取り合いがパッと見の印象で決まる今の状態がよろしくないってのは
もう郵政の時から言われてるし。
日刊ゲンダイは正しかったんだよ。
とりあえず、管直人さんは厚生労働大臣で決まりですよね!?


めちゃモテ
こういう見事な脚本のバトンパスが、なぜディケイドではできなかったのか。
それはひとまずは置いといて、「モブが悉く棒」という久々に凄いもの観ちゃったよ。

化物語
これが本当の腸展開

マジンガー
総集編でした。



ディケイド
世界崩壊を救い、俺たちの旅はまだまだ続くよ!
スピンオフで一呼吸。
キャストを若返らせつつ新シリーズ!
それが電王。

大ボスを倒したぞ!
ハッピーエンド。
新しい敵が現れた。いくぜみんな!
それがキバ。

ディケイドは、この2つに対する一つのアンチテーゼではないだろうか。
まぁ、前者2つは最終回で一つの区切りをつけているのが最大の違いだけれど。

最終回にもなってライダー同士で仲違いとか
最終回で倒すのが大ボスではなく大幹部でスケールに欠けるとか
前半積み上げたフラグを後半のテコ入れで粉砕するのは脚本家の技量的にどうなんだとか

書けば書くほど出てきそうですね。

ライダー大戦という未来を旅を通じて各ライダーと友情を結ぶことで変える。
強い絆で結ばれた仲間(ライダー含む)と一緒に、大ショッカーを倒そう!

という常識に縛られたままじゃ、いい脚本は書けないんですね(^ ^)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

九内

Author:九内
別に細菌に関係は ない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。