スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディケイド劇場版を観に行った。

どうしてこうなった。


米村脚本がある限り、自分は井上敏樹アンチになれないのではないか。
そう思わせる力が、米村脚本にはある気がする。

同時上映のシンケンジャー銀幕版のいいところを挙げると
それがそのまま米村脚本の悪いところになるあたり、米村脚本の底知れぬ恐ろしさを感じる。

アニメ映画に芸能人をつれてくるとか
折角のストーリーが過剰な演出で台無しとか
そういう援護射撃が全くと言っていいほどないにも関わらず
脚本のダメさばかり際立つとか
米村が戦犯としてつるし上げられても擁護できないよ・・・・。

関智と鈴村健一のがんばりが逆に悲しい。

愛ゆえに人が悲しまなければならないとしたら
自分の中にはライダーへの愛情がまだあるということなのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

九内

Author:九内
別に細菌に関係は ない

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。